Huadu Afforestation

Afforestation Forestry
認証基準
icon-help
認証基準とは

クレジットの発行元となる企業・団体・プロジェクトが実現した温室効果ガス排出削減量または吸収量を測定し、その信頼性・永続性・追加性等を独立した立場から検証しクレジットの質を保証する基準の名称(表示は略称)

vcs
VintageYear
icon-help
VintageYear とは

クレジットの発行年度(認証基準の審査を通過し、当該クレジットの温室効果ガス排出削減量または吸収量を自社排出量に適応可能と定められた年度)

2018

購入可能なオフセット量

848.67 トン ! トンはCO2排出量(t-CO2e)を指しています。

1トンあたりの価格(税込)

3,232

購入量の指定

ご希望の購入金額もしくはオフセット量を入力してください。

プロジェクト概要

The Huadu Afforestation project is located within the city of Bijie, in the Guizhou province of China. It plants native species on barren lands to help with greenhouse-gas (GHG) removal whilst contributing to local sustainable development goals. Prior to the project, no natural renewal or reforestation was taking place. The project's activity has provided 25,615 jobs for local villagers—60 percent of whom are women—and its implementation is expected to remove 21,072,163 tCO2e of GHG emissions over 30 years, with an average annual removal of 702,405 tCO2e.